独り言をどうぞ(掲示板)

独り言

なんでも良いです。

気持ちを吐き出してください。

※批判や中傷がみられる内容は管理人の判断で削除します。

コメント

  1. もるしぇ より:

    はじめまして。いつも立ち寄っています。

    私はがん患者の立場です。

    右胸全摘して半年経ちました。

    暑くてブラも蒸れるし傷口かゆい日々が続いてます。

    傷口周辺に常に違和感を感じます。

    傷周辺が麻酔打たれてる感じのような感覚がない感じになっています。

    皆さんはこういうことってありますか?

    • ・May・ より:

      はじめまして。
      乳がんサバイバーです。

      傷口周辺は今も感覚が薄いです。

      手術で切った周辺の皮膚は感覚が薄くなることがあるそうですよ。

      違和感が常にあるときはお医者さんにきいてみてはどうでしょう?

  2. 博美 より:

    夫が末期がんです。
    最期をどう迎えるか、本人は決めたようですが、家族は覚悟なんてできません。

    1人で泣き叫ぶ場所がほしいです。
    今は車の中で泣いて、コンビニで顔を整えて帰宅する生活です。

    つらい。1人にしないで。

  3. ひかる より:

    人間ドックで精密検査を受けるよう言われ、精密検査を受けたら胃がん初期でした。

    刺激物や辛いのが好きでしたがそれが原因でしょうか。まだ両親や妻には言えません。

    妻は夏前に出産を控えてます。
    まだ死ねません。怖くてたまらない。

  4. ふうまママ より:

    生後11ヶ月の息子が神経芽腫のステージ2と発覚しました
    まだ1歳にもなっていないのに…来週から入院です
    手術が無事成功しますように。絶対がんサバイバーになる!

  5. tomo 53歳 より:

    がん患者です。
    通院しながらの化学療法を行ってます。
    今は胸のポートから点滴。
    もう1年は経過しました。
    胃がんで開腹手術リンパ転移、腹膜播種で
    ステージⅣ 何もしなければ1年以内と言われ
    なんとか1年持ったかな
    ここのブログ見ながら自分の症状を
    確認出来ていいです。
    最近痩せて来たなぁ

  6. けん より:

    小児がんなんてなくなればいいのに。
    小児がんが憎い。息子を返してくれ。

    管理人さんの娘さんの闘病記を読むたびに涙が出てきます。
    息子も最後は心臓マッサージしながら亡くなりました。

    パパとママとミズキ(息子の妹)の分の病気も持っていくね。 これが酸素マスクをつけられる直前の息子の最期の言葉でした。

    7歳の子供がこんな深い言葉を遺して逝くなんて。

    治療の副作用で口内炎でろくに何も食べられなくなって本当にかわいそうだった。
    天国でいっぱい大好きなみかん食べられてるかな。

    • なみ より:

      想像するだけで胸が潰れそうです。
      明日は我が身です。生後8ヶ月の息子も予後はかなり厳しいガンと闘っています…
      息子さんは成熟した魂をお持ちだったんでしょうか。素晴らしいお子さんでしたね。

  7. ヨシザキ より:

    母が乳がんになりました。
    早期とは言えないらしいです。

    告知はしないと家族で決めました。
    何からすれば良いかわかりません。

    同じようにガンで悩み苦しんでいる人がいるだけでも心強いです。

    みなさんがんばりましょう。

  8. つゆり より:

    末期がんの父の看病に悩みたどり着きました。

    辛い体験を通して書かれた文章は「わかるわかる」とうなづきながら読めるものばかり。

    わかりやすく書かれていて、疑問点が解決されてやるべきことがみえてきました。

    残り少ない父との時間ですが、まだ時間があるのは実は幸せですよね。

    管理人さんありがとう。

  9. なみ より:

    息子が生後3ヶ月でステージ4の小児がんと診断されて4ヶ月です。
    ステージ4=末期 ではない、とお医者様は言いますが、希望が持てなくて、息子がいなくなったら私も一緒に行こう、とばかり考えてしまいます…
    なんでみんな闘病ブログとか天使ママのブログとか書けるのか。私はもう一緒に逝く事しか考えられません…。

    • けん より:

      なみさんこんばんは、返事ありがとうございました。

      息子・亮介の言葉通り、家族はあれから大きな病気をすることもなく、日々をいきています。
      息子が本当に病気をつれていってくれたのかもしれません。

      息子は私の誇りです。
      辛い痛い闘病生活を弱音ひとつ吐かずに耐えていました。
      我が子ながら強い子でした。

      息子と酒を酌み交わすのを楽しみにしていたのに。
      小児がんが憎くてたまりません。

      なみさんの息子さんのがんが小さくなるよう、薬が効くよう、影ながら祈ります。

      ネット上ですが、こうして一緒に小児がんと戦っている仲間の存在を忘れないで下さい。

  10. まよ より:

    父に月単位の余命宣告がされました。
    検診にもひっかからず、体調を崩したのが一月半前。受診したのが一週間前。宣告が昨日でした。あまりにも急なことで家族の気持ち、家族がそれぞれ別にすんでいること・祖父母の世話もあり周りの環境の整備が追いつきません。
    来週から入院しての延命治療が始まります。
    父に寄り添ってなにができるか。
    遅いかもしれないけれど精一杯やっていきます。

  11. 美月 より:

    9歳になる息子が余命宣告されました。白血病です。元気そうにみえますが重症化しています。今年いっぱいでしょうと。
    この子にとってゴールデンウィークも夏休みもすべてが最後になりました。受け止められません。受け入れられません。
    息子に何ができるかを模索しながら、ここにたどり着きました。
    息子の希望のキャンプと甲子園旅行を絶対かなえられるように家族で頑張ります。

  12. 博美 より:

    末期がんの夫を看病しています(以前書かせてもらいました)。

    痛みが酷くなりモルヒネを使い出しました。
    苦痛にゆがむ夫の表情をみるたびに身が引き裂かれそうになります。
    看病に行きたい気持ちと、苦しむ顔をみたくない気持ちが入り混じってつらいです。

    • まよ より:

      うちも昨日から麻薬を使い始めました。
      父の癌が発覚したのが今年4月末でそれからひとつきで麻薬処方に至りました。
      宣告からひとつき。
      明らかに。坂道を転げ落ちるように体力が落ち、苦痛を訴える数が増えました。
      そろそろ周りに無理がきています。
      急すぎました。
      きついですよね、書ききれない気持ちや事情がありますよね。
      少しでも旦那様の苦痛が和らぎますように。

      • 博美 より:

        まよさんコメントありがとうございます。
        夫はまるで赤ちゃんに戻ったかのように「痛いよお痛いよお」を繰り返しています。
        もっと薬を増やして眠らせてあげるしか苦痛は取り除けませんといわれました。
        しかし義両親が嫌がります。
        眠らせたら亡くなるのを待つだけだと。
        穏やかな最期を迎えて欲しいのと、亡くなるのを何もせず見届けるしかないのかと責められる辛さ、そして介護そのものの辛さ。
        すべてを放りだしたくなるときもあります。
        でも負けられません。
        お父さんはこんなに頑張ったんだよとまだ物心つかない娘に誇れるよう、がんばってサポートしていきます。

        まよさんも大変でしょうが頑張ってください。
        お父様の苦痛が和らぐようおいのりしています。

  13. ひどいおとこ より:

    フィアンセが子宮がんになりました。

    摘出しないといけません。子供は無理です。
    これで結婚への気持ちがなくなった。

    婚約を取りやめたい。
    子供が欲しくてたまらない。

    自分勝手なのはわかってます。
    でも子供を諦める人生は絶対いやです。
    フィアンセの看病をしても子供が望めない。看病したら後戻りできない。
    別れを切り出したい。

  14. まゆ より:

    去年の10月、68の父が食道癌になり、12時間の手術を乗りきりましたが、手術のせいで軽い脳梗塞を起こしてしまい、半身に痺れや軽い障害が残ってしまいました。その後、大腸癌も見つかりもうすぐ人工肛門の手術を受けます。すっかり身体は細くなり心配です…。家族はどんなふうに支えになれるのでしょうか?

    • ITOU より:

      まゆさんこんにちは。
      食道がんから人工肛門の手術はかなり大変ですね。
      周囲の心労もいかほどかと思います。

      移動はできるのでしょうか?車椅子は乗れますか?
      乗れるうちに好きな場所に連れて行ったりしてはどうでしょうか?

      母が乳がんで亡くなる前に色々な場所に連れて行きました。
      意識が混同してくる前日までほぼ毎日のように外出許可をもらって。
      母は今までの人生を振り返るかのように、僕らが最初にすんでいた家や、遊んでいた公園などを回りました。

      • まゆ より:

        返信ありがとうございます。バタバタしていてすっかり月日がたってしまいました。
        父は人口肛門の手術を受けストマになりました、これで少しは…と思ったのですが、体調はどんどん悪くなるばかりです(本人の気力の問題もあるのですが)。
        歩く事も困難になっています。
        アドバイス実行出来ず悲しいです。

        • ITOU より:

          ストマになった人はおなかから腸がでているというショックがかなり大きいとききますね。

          ショックで気力が落ちてしまったのでしょうか。
          可能な範囲で、たとえば庭を部屋から眺めるとかでも良いとおもいます。

          車椅子に乗れるようになったらいいですね。
          私の母も車椅子に乗ってくれるようになってから行動範囲が広くなりました。                           

          • まゆ より:

            返信くださったのですね、ありがとうこざいます。
            本日父が亡くなりました。
            最後は自宅で…という父の希望を母が叶え、前日まで一緒に過ごすことができました。
            12月を迎えられれば…と思っていましてが、本当に急な旅立ちでした。
            ここでお話できて良かったです、ありがとうこざいました。

            皆さまが父の分まで元気になれますように…。

  15. 通りすがりのライダー より:

    少し連絡が途絶えていた知人が癌で亡くなっていました。
    原発は胃癌ですが、病院に受診したときには食道などに転移しており手の施しようが無い状態だったそうです。
    癌と診断されて1カ月程で亡くなったそうですが、最期は恋人と過ごしたそうです。
    51歳という若さでこの世を去りましたが、彼の人生は充実していたと思います。
    人はどれだけ生きたかではなく、どう生きたかが大事なのだと改めて思いました。

  16. のっぴ より:

    高校生です。
    歳の離れた小学生の妹がガンになりました。
    骨肉腫というガンです。

    足を切断しないといけないと言われました。
    寂しがっていると思うので明日お見舞いにいきます。

    妹は助かるでしょうか?不安です。

  17. 藤原 より:

    孫が腎芽腫になりました。

    利発で優しい子がなぜこんな目に。先のない私がガンになればいいのにと涙を禁じえません。

    色々と情報を探しています。

    ここはわかりやすくていいですね。

  18. 晶子母 より:

    娘の1周期でした。
    白血病の3度の再発の末、天国へいきました。
    何度も何度も再発する白血病細胞がどれほどにくいか。
    娘は「晶子」の名前のとおり、お日様のような明るい子でした。
    動物が大好きで獣医になるのが夢だったね。
    お母さんこれからどうして生きていけばいいの。あきの声がききたいよ。

  19. 藤原 より:

    孫の見舞いにいきました。
    暇な時間をもてあましているようだったのでゲームを買ってもっていきました。
    大喜びで夢中でゲームをしていました。
    この子がガンなんて信じられない。かわってやりたい。

  20. Laichi より:

    31歳の時に癌が発覚してしまいました。

    初期だったので現在はほとんど影響なく生活できています。

    心配なのは三人の子供たちのことです。

    私のせいで癌家系になってしまったことが申し訳なくて。

    子供たちが成人になったらがん検診をマメに受けるようにじっくり話していきます。

  21. タツヤ より:

    母ががんで闘病中です。
    それまでの優しかった母が別人のように怒ったり泣いたり感情の起伏が激しくなっています。
    抗がん剤で苦しい、気持ち悪い気持ち悪いとずっと言っています。
    サポートしてあげたいですが、暴言が酷過ぎて正直ついていけません。
    元の母に戻って欲しい

  22. 古川千恵 より:

    息子・我道(がどう)の初盆です。

    横紋筋肉腫で5歳のあまりにも短い人生を精一杯笑顔で生き抜きました。

    名前のとおり我が道を往く子でした。

    迎え火を灯して帰宅を待ちます。

    できることなら、もう一度抱きしめたい。声をききたい。

    あれから1年、どんな男の子になってるかな。

    優しくて強くてちょっぴり照れ屋さん。

    そんな我道のお母さんになれたことが人生の誇りです。

    我道。会いたいよ。会いたいよ。

  23. うに吉 より:

    同窓会で会う予定だった友人ががんで他界していました。
    15年ぶりに色々話をしたかったのに残念極まりないです。

    がんなんてもっと年取ってなるものだと思ってた。
    小さい子供のこして彼も辛かったろう。。

  24. 藤原 より:

    孫はとても元気で、一見したところは健康な子供そのものです。
    しかしその手には点滴があり、おなかには手術跡があります。
    これだけがんばっているのだから治ってほしい。

  25. つて より:

    子宮頚がん検査めっちゃ痛かったんだけどこんなもんなの?

  26. より:

    当たり前の幸せを奪われてしまった
    受け入れなければいけない 前に進まなければいけない
    思い出を糧にいきていけるようにいつかなれるでしょうか

  27. べてぃ より:

    父は緩和ケアを受けています。
    膀胱ガンからの骨、肺、肝臓転移で、あと数日と言われています。
    多分、父もわかってると思います。

    前向きな言葉なんて、もうかけられない。
    後ろ向きなことなんて、もっと言いたくない。
    今までの思い出を話して、感謝の気持ちを伝えて。
    もちろん返事はないけれど、時々
    目が合います。そんな時は、父の目尻にも涙が滲んでたりします。
    ちゃんと、私の気持ちは伝わってるなって思えるから、そのことにまた感謝して。
    今は、苦しくないように、痛くないように、それだけが願いです。

  28. せとか より:

    姉が乳がんで逝きました。
    奇しくも漫画家のさくらももこさんが亡くなった日と同じでした。
    姉もさくらももこさんの作品が大好きでよくエッセイを読んでました。

    姉の介護に数日おきに実家に戻ることがなくなり、どこか空虚な気持ちでいます。
    かなうことならまた姉に会いたい。

  29. 樋口 より:

    8日に母が亡くなりました。

    母の存在はとても大きく、思い出すだけで外でも涙が出そうになります。

    母がこの地球上どこを探してもいないという寂しい悲しい気持ちは消せないと思います。

    みなさんどんなふうに気持ちを立て直したのでしょうか…。

    立て直そうとする事自体が良くないんでしょうか。

  30. ちとせ より:

    生きて欲しいです。
    1日でも長く、生きて欲しいです。
    覚悟なんてできません。
    いつでもあなたに会いたいです。
    早く明日になればいい。怖いです。
    早くあなたに会いたいです。
    ずっと側でいさせて欲しいです
    私は、あなたのこどもですから。
    育てて貰ったご恩は忘れません
    あなたのこどもですから
    まだまだこれからも色々と教わりたいですね
    明日は何を話しましょうか
    明日は何を教えて貰えますか?
    次に会えるのはいつでも楽しみです
    いつでも楽しみで仕方ありません。
    はやくわたしの不安を吹き飛ばしてください
    あなたがいなくなるなんて、どうすればいいんでしょうか?
    幸せになります
    あなたが望んでくれるから
    安心してください。
    必ず幸せになります
    おやすみなさい
    大好きな貴方へ

  31. ゆりっぺ より:

    夫が直腸がんであることが分かり開腹手術で切除しました。

    今のところ転移は見当たらず定期的に検査中です。

    痛みと手術の後遺症で、排泄が上手くいかず、下着を濡らすことをとても気にしており、イライラしているのか家族への八つ当たりがとてもひどくなりました。

    夫の気持ちや状況を汲むべきですが、支えるほうもつらいです。

  32. マスヤマ より:

    がんの痛みが強くなってモルヒネで眠ることがほとんどになった我が子。

    ねぇ、目を開けて。

    呼びかけは届いてるのかな。

    • ピッチ より:

      胸がかきむしられます。神さま、どうにかして欲しい。俺と嫁も涙しましたごめんなさい。

  33. ピッチ より:

    母さんよ
    俺小学生の時に母さんが亡くなる夢みては泣いて朝を迎えた。
    その夢見るたび夢で良かった!て思ってたんだ。
    今、現実に母さん肺がんで亡くなろうとしている。今俺毎晩泣いてる、頭がハゲて腹が出ても母さんが亡くなる夢見ると泣いてる。小学生の頃から全然成長してない。息子や嫁に悪いけど俺も一緒に死にたい。けどダメだよなやっぱ。

  34. YU-HI より:

    軽い歯槽膿漏かと思っていたら歯肉がんでした

    ドッキリなんじゃないかって実感がなくて

    嫁がずっと泣いているのをぼんやり見ている自分がいます

    歯茎の調子がおかしいという人ははやめに病院にいってね

    おれみたいにならないように