がんと向き合う

スポンサーリンク
がんと向き合う

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

親戚や友人ががんになってしまったという話をきくと、がんにならないために何かをしたいと思いますが、何をすればよいかわからないですよね。 今回はがんにならない習慣を5つ、紹介します。まずはこの5つからはじめてみましょう。
がんと向き合う

がん患者を看取る場所の必要性と現実問題を考える。

末期がん患者をはじめとする、余命が限られた人が最後に過ごす施設に「ホスピス病棟」などの看取り施設があります。 4人に1人ががんになり、高齢化社会が進む中、これらの施設を取り巻く多くの問題が浮上してきました。 今回はそれら...
がんと向き合う

癌患者に効果抜群のインフルエンザの予防方法について

がん患者は闘病生活、投薬で健康な人に比べて体力、抵抗力を大きく消耗しています。 がん患者がインフルエンザに感染すると重症化しやすく、命を落してしまうことも珍しくありません。 そのため、予防が何より大切になります。 ...
がんと向き合う

がんの痛みの伝え方。自分の言葉で伝えることの大切さ。

がんの闘いは痛みとの戦いでもあるといわれています。 がんの痛みをきちんと医療スタッフをはじめとする周囲に伝えることが重要です。 今回はがんの痛みの伝え方について、がん患者と一緒に戦った家族の視点から思うことを書いていきます。
がんと向き合う

【決定版】がんの兆候5つ。ひとつでも当てはまったら病院へ!

今や4人に1人ががんになる時代、がんの完治には早期発見、早期治療が非常に重要です。 今回は娘と妻のがん闘病を傍で見守って思う、がんの兆候についてお話したいと思います。 ひとつでも当てはまるものがあればすぐに病院へ行きましょう。
がんと向き合う

がん患者の冬の過ごし方と気をつけること。体調管理のコツ。

がん患者さんは他の人に比べて体力、抵抗力が落ちており、風邪を引くと重症化しやすい傾向にあります。 規則正しい生活、バランスの取れた食事や適度な運動を経て体調管理をする必要があります。 今回はがん患者の冬の過ごし方と気をつけることについて書いていこうと思います。
がんと向き合う

がんになって良かった3つのこと-大腸がんの妻が遺した言葉-

がんになるということは、今までの生活が一変し、将来どうするべきか何も考えられなくなるほどショックなことです。 しかし、大腸がんで亡くなった妻は生前「がんになって良かったこともあるのよ」と言っていました。 今回は筆者の妻が教えてくれた「がんになって良かった3つのこと」についてお話してみたいと思います。
がんと向き合う

癌になった恋人と別れたい、支えられないと思ったときに考えること。

愛する恋人が癌になってしまったとき、あなたはどうしますか? 癌の闘病を一緒に支えていくのは並大抵ではありません。 別れを選ぶ人も当然多いと思います。 今回は癌になった恋人と別れたい、支えられないと思ったときに考えること、別れ方について考えてみたいと思います。
がんと向き合う

癌になった事がある恋人と付き合えるか。結婚や子供の事を考える。

付き合っている恋人が癌経験者だった、または息子が紹介しにつれてきた女の子が癌経験者だった、という話は意外と多いです。 日常生活に支障がないほど回復していても交際や結婚となると考えてしまう人は多いようです。 今回は過去に癌になった事がある恋人との付き合い、結婚、子供のことで悩んでいる人に向けて書いていきます。
がんと向き合う

癌になったら払わなくていいお金一覧まとめ。知らないと損です!

癌になったとき気になることのひとつに「医療費」が挙げられます。 癌と診断=即適用というものではなく、「身体障害者手帳」を所持していることが前提になります。 今回はがんの種類によっては負担が軽減されるお金についてお話します。
スポンサーリンク