がんと余命

末期がんの余命についてのカテゴリーです。
余命1ヶ月、1週間、数日、数時間と時間に分けて患者さんの容態はまったくかわっていきます。
身体面の変化だけでなく、精神面の変化もあらわれることもあります。
周囲の人たちや家族が患者さんに対して何ができるのか、余命ステージ別に解説しています。

スポンサーリンク
がんと余命

末期がんで腹水が出たときの余命はどれくらいなのか。

末期がんの腹水はがんが腹膜に広がったときに生じやすいといわれ、余命を判断する基準のひとつになっています。 腹水はなぜ生じるのか、がんから腹水が生じたときの余命はどれくらいなのかを書いていきます。
がんと余命

末期がんの余命数日の特徴的な症状と家族ができること。

末期がんの余命が数日になると、特徴的な症状が現われることが多くあります。 余命数日の特徴を把握できることで、残される家族は見送りの準備と覚悟ができます。 特に「最期に立ち会えなかった」と後悔する人たちも減るのではないでしょうか。 今回は末期がんの余命数日の特徴的な症状と家族ができることについて書いてみたいと思います。
がんと余命

末期がん患者の退院の意味と緩和ケア-クオリティ・オブ・ライフ

末期がん患者に退院を勧告するとき、「これ以上治療による軽快が見込めません」「残された時間を有意義に使ってほしい」という意味合いがあります。 最期の時間が限られている家族、愛する人に何ができるのか、一緒に考えていきませんか。
がんと余命

末期がんの最期を集中治療室で迎える前に家族にできること。

末期がん、終末期において、集中治療室に入院することがあります。 余命を伸ばすか、積極的な治療を伸ばすか、患者さん本人、家族の意向によってかわってきます。 今回は、末期がんの最期を集中治療室で迎える前に家族にできることを書いていこ...
がんと余命

末期がんの余命1週間の症状と家族ができること。

末期がんの余命1週間の時期は患者さんはほとんどの時間を寝たきりで過ごすことが大半です。 意識も混濁し、呼びかけないと目を開けないなど、患者さんからの反応はほとんどなくなっていきます。 今回は、がんの余命1週間の症状と、家族に何が...
がんと余命

末期がんの余命1ヶ月の症状と家族ができること。

末期がんの余命はその人の実際の寿命ではなく、統計データから算出された値です。 余命1ヶ月のこの時期は、まだ患者さんが自力で動け、やりのこしたいことをかなえていく最後の時期になります。 今回は、がんの余命1ヶ月の症状と、家族に何が...
がんと余命

末期がんの最後の数日間と数時間に起こる症状と家族の向き合い方。

大切な家族や愛する人が末期がんで最後の時間を迎える時、どういった兆候が現れるのでしょうか。 最後の数日間、数時間に起こるであろう症状を予め知っておくことで、心の準備や今何を優先してしなければいけないことがわかるようになります。 ...
がんと余命

末期癌の患者さんが怒りっぽい、暴言が増えた時の対処法。

末期癌の患者さんは病状が進行するにつれて、行動や発言、会話に変化が生じてくることがあります。 今回はそういった末期癌の患者さんの感情の変化について、理解して欲しいことを体験談を通じて書き残していきます。
がんと余命

小児がんで余命告知された時に知って欲しいこと-家族の体験談-

娘は小児がんの白血病を発症し、再発と2度の骨髄移植を行ってきました。 沢山沢山頑張って、空に還った娘。 愛する我が子が小児がんで余命告知されたとき、知って欲しいことを、体験を通して書き残していきます。 小児がんで余命告知さ...
がんと余命

経験者が語る末期がんの定義。/末期の悪性腫瘍。

私は娘と妻、二人をがんで亡くしました。 つらい経験から感じた末期がんの定義とは。 末期がんと診断されるという事は具体的にどういうことなのか。 私が感じたこと、経験して思うことを書き残していきます。 末期がんの定義 ...
スポンサーリンク