スポンサーリンク
がんと向き合う

癌になった事がある恋人と付き合えるか。結婚や子供の事を考える。

付き合っている恋人が癌経験者だった、または息子が紹介しにつれてきた女の子が癌経験者だった、という話は意外と多いです。 日常生活に支障がないほど回復していても交際や結婚となると考えてしまう人は多いようです。 今回は過去に癌になった事がある恋人との付き合い、結婚、子供のことで悩んでいる人に向けて書いていきます。
がんと向き合う

癌になったら払わなくていいお金一覧まとめ。知らないと損です!

癌になったとき気になることのひとつに「医療費」が挙げられます。 癌と診断=即適用というものではなく、「身体障害者手帳」を所持していることが前提になります。 今回はがんの種類によっては負担が軽減されるお金についてお話します。
がんと向き合う

がんになったらまず行うこと知っておきたいこと-娘と妻の癌体験-

がんと診断されたとき、気がどう転移してしまい、何をすればいいのかわからなくなるでしょう。 強い同様の中でも自分の置かれた状況、がんの種類など必要な情報を集めておくことが、落ち着いて治療を受けるためには必要です。 今回はがんになったらまず行うこと、知っておきたいことを娘と妻のがん体験を通して書いて行きます。
がん患者を支える家族/友人へ

小児がんの子供の親が抱える悩みと周囲にできること。

我が子が小児がんになってしまうことは、自分ががんになるよりも遥かにつらいことです。 小児がんの親が誰にも言えずに抱えている悩みはどういったものがあるのでしょうか。 そして周囲の人には何ができるのでしょうか。 娘を小児がんで亡くした私の経験を交えてお話します。
がんと向き合う

小児がんを克服した人の思う将来への不安。知ってほしいこと。

昔は不治の病と恐れられていた「がん」「小児がん」ですが、医学の発展によって小児がんの治療成績は70%まで向上しました。 このため小児がんを経験した人が社会人となり元気に日常生活を送っていることも珍しいことではなくなりました。 しかし、小児がん経験者は少なからず健康面での不安、将来への不安をお持ちなのも確かです。 今回は小児がんを克服した人の思う将来への不安を書いていこうと思います。
がん患者を支える家族/友人へ

小児がんの復学後の学校生活と家族ができること~私と娘の体験談~

がんを克服し復学できたお子さんたちは、それまでの闘病生活から日常生活・学校生活に戻っていきます。 無事に学校生活になじめるだろうか、体力面、学業面、交友関係など親として心配は尽きないことでしょう。 今回は小児がんの復学後の学校生活と家族ができることを体験談を交えてお話します。
がん患者を支える家族/友人へ

兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。

兄弟ががんや末期がんになったとき、自分には何ができるのでしょうか。 幼い時から一緒に過ごしてきた肉親の突然のがん宣告は、本人だけでなく家族にも大きな精神的ダメージを与えます。 どのように接していけばいいのか、家族にできることを書いていきます。
がん患者を支える家族/友人へ

ホスピスに入院した人のお見舞いと心を穏やかにする接し方。

ホスピスとは末期がんなど死期の近い患者さんが穏やかな日々を過ごしてもらいながら看護する施設です。 ホスピスに友人や親族が入院してお見舞いにいくとき、どう接すればよいのか迷ってしまうと思います。 今回は末期がんの妻と過ごした体験を通して、ホスピスに入院した人のお見舞いと心を穏やかにする接し方を書いていきます。
がん患者を支える家族/友人へ

抗がん剤治療を受ける人にかける言葉3つ。私が嬉しかったこと。

友人や家族、大切な人ががんになり、これから抗がん剤治療に臨むことになったとき、周囲はどんな言葉をかければいいのでしょうか。 妻が抗がん剤治療を受ける姿を実際に間近でみてきた私が思う、「抗がん剤治療を受ける人にかけて欲しい言葉」を書き残していきます。 参考になってくれるはずです。どうぞお読み下さい。
がんと向き合う

がんになった事を親に言えない時に知ってほしい3つのこと。

突然のがん告知はこれからの人生の展望が一切考えられなくなるほどのショックを受けます。 がんになってしまったとき、身近な人にどう伝えればいいのか。 特に親に伝えるのは本当に辛いことです。 今回はがんになったとき、親に言えないときに読んで欲しいことを書きました。
スポンサーリンク