スポンサーリンク
がん患者を支える家族/友人へ

がん患者がお見舞いで喜ぶこと、体によいこと5選。

がん患者へのお見舞いに行くとき、どういう事に気をつければ良いのでしょうか。 折角のお見舞いですから、患者さんが喜ぶことをしたいですよね。 また、入院中の弱った体をいたわるためのお見舞いはどういった方法があるのでしょうか。...
がんと余命

末期がんで腹水が出たときの余命はどれくらいなのか。

末期がんの腹水はがんが腹膜に広がったときに生じやすいといわれ、余命を判断する基準のひとつになっています。 腹水はなぜ生じるのか、がんから腹水が生じたときの余命はどれくらいなのかを書いていきます。
がん患者を支える家族/友人へ

がんが再発した人の心のケアと家族ができること-体験談-

抗がん剤治療、放射線治療などのつらいがん闘病生活を経てがんを克服し日常生活に戻った矢先、突然の再発。 患者さんは、これから始まる治療生活、治らないかも知れない不安、再度の闘病生活に不安と絶望を抱きます。 そんなとき、周囲や家族はどんなケアができるのでしょうか。
がんと向き合う

がんの痛みの伝え方。自分の言葉で伝えることの大切さ。

がんの闘いは痛みとの戦いでもあるといわれています。 がんの痛みをきちんと医療スタッフをはじめとする周囲に伝えることが重要です。 今回はがんの痛みの伝え方について、がん患者と一緒に戦った家族の視点から思うことを書いていきます。
がん患者を支える家族/友人へ

小児がんの子供に絶対言ってはいけないこと。実は傷つけている言葉。

小児がんの我が子や知人の子供に「治ってほしい」「励ましたい」「治療に前向きになってほしい」という思いでかけた言葉が実は傷つけてしまっていることがあります。 小児がんで旅立った娘、娘を支えた日々を思い出しながら小児がんのお子さんに絶対言ってはいけないことを私なりにまとめました。 参考にしてみてください。
がんと向き合う

【決定版】がんの兆候5つ。ひとつでも当てはまったら病院へ!

今や4人に1人ががんになる時代、がんの完治には早期発見、早期治療が非常に重要です。 今回は娘と妻のがん闘病を傍で見守って思う、がんの兆候についてお話したいと思います。 ひとつでも当てはまるものがあればすぐに病院へ行きましょう。
がん患者を支える家族/友人へ

絶対NG!がん患者のお見舞いでやってはいけないこと。

4人に1人ががんになるといわれた近年、がんと診断された家族や友達のお見舞いに行くことは珍しいことではありません。 しかし、がん患者へのお見舞いで絶対にやってはいけないことがいくつかあります。 今回はそんながん患者のお見舞いでやってはいけないことをまとめてみました。 知らず知らずのうちにやってしまって迷惑をかけてしまったということがないように、しっかり確認しておいて下さい。
がんと向き合う

がん患者の冬の過ごし方と気をつけること。体調管理のコツ。

がん患者さんは他の人に比べて体力、抵抗力が落ちており、風邪を引くと重症化しやすい傾向にあります。 規則正しい生活、バランスの取れた食事や適度な運動を経て体調管理をする必要があります。 今回はがん患者の冬の過ごし方と気をつけることについて書いていこうと思います。
がん患者を支える家族/友人へ

がん患者が喜ぶクリスマスプレゼント3選。喜んでもらうために。

12月のがん患者さんへのお見舞いには「そろそろクリスマスも近いからクリスマスプレゼントを用意したい」と思う人も多いのではないでしょうか。 今回は多く問い合わせをいただきました「がん患者さんへのクリスマスプレゼント」について私なりに思うことを書いていこうと思います。 がん患者さんへのクリスマスプレゼントを悩んでいる人の参考になればと思います。
がんと向き合う

がんになって良かった3つのこと-大腸がんの妻が遺した言葉-

がんになるということは、今までの生活が一変し、将来どうするべきか何も考えられなくなるほどショックなことです。 しかし、大腸がんで亡くなった妻は生前「がんになって良かったこともあるのよ」と言っていました。 今回は筆者の妻が教えてくれた「がんになって良かった3つのこと」についてお話してみたいと思います。
スポンサーリンク