スポンサーリンク
がん患者を支える家族/友人へ

夫の親・妻の親/義父・義母ががんになったとき、夫婦にできること。

義父、義母ががんになってしまったとき、息子である夫、娘である妻にどう接すれば良いのでしょうか。 落ち込んでいる姿をみると何とか力になりたい、でもどうすればいいのかわからなくなります。 今回は、伴侶の両親が、がんになってし...
がんと向き合う

癌/がんの検査キットの精度と信頼性、使い方について。

家族ががんになってしまうと、「私もがんになりやすいのかな」「がんは遺伝するものもあるときいてしまった」と不安になることはありませんか。 がん検査を受けてみたいけれど、なかなか時間がとれないという人も多いと思います。 がん...
がん患者を支える家族/友人へ

家族がガンになったら絶対してはいけないこと、言ってはいけない言葉。

家族がガンになったとき、励まして元気付けようと行ったこと、かけた言葉が逆に患者さんを傷つけることがあります。 患者さんは周囲からの言葉や働きかけに、非常に敏感になっています。 私が実際に声をかける家族の立場で体験してきた、が...
がんと余命

がん患者の末期症状と急変について。

がん患者はある症状が現れると「末期症状」と判断されます。 末期症状はどのような兆候が現れるのか、急変は何故おこるのか、家族や周りの人ができることについて、体験談を交えて書いていきます。 がん患者の末期症状 がん患者の末...
がん患者を支える家族/友人へ

がんの親の死に目に会うべきか、会いたくない時は、後悔は。

親の死に目に会うことは、家族として当然のことといわれます。 しかし家庭的な事情や、仕事、子供のことでそういかない事もあるでしょう。 特に親ががん患者さんの場合、死に目に会うべきか、もしくは会いたくないと思う人もいるかもし...
がんと余命

末期がんのモルヒネを使うのはいつからか。余命との関係。

末期がんの痛みを取り除く薬のひとつとして、モルヒネという薬があります。 モルヒネ=麻薬というイメージがあり、あまり良いイメージはありませんが、強い痛みを伴うがん患者さんの治療には欠かせないものです。 今回はどういったタイ...
がん患者を支える家族/友人へ

告知を受けたがん患者の心理と家族ができる看護

告知をうけたがん患者さんの動揺、不安、焦りは当事者しかわからないことです。 どんなに親身になっても、察しきれない心理は必ずあります。 告知を受けた多くのがん患者さんがたどる心理推移と、家族にできることを書いていきます。 ...
がんと余命

終末期のがんのせん妄と余命の関係。

がんの終末期には「せん妄」という症状がみられるようになります。 せん妄が始まった時からでも、実は家族ができることがあります。 ここではせん妄と余命の関係、ご家族がせん妄の患者さんにできることを解説します。 せん妄と...
がんと余命

がんの余命3ヶ月の症状と患者さんと家族ができること

末期がんの余命宣告の告知を受けた時に一番多い期間として「3ヶ月」がよく挙げられます。 体調がおかしいなど自覚症状が出始めて病院に行く時期として多いそうです。 今回は、がんの余命3ヶ月の症状と、患者さんと家族に何ができるか...
がん患者を支える家族/友人へ

がん患者の家族のストレスとうつ病について。

がん患者の2割から5割弱がうつ病になるといわれ、患者さんを支える家族もうつ病に罹患するといわれています。 私の場合は妻はうつ病にはなりませんでしたが、家族である私が妻の逝去後にうつ病になりました。 精神的、経済的に患者と...
スポンサーリンク