がん患者を支える家族/友人へ

がんで食欲がない妻に食べさせて良かったものや心がけたこと【実話】

がんになると、抗がん剤の影響や、投薬・治療による身体ダメージの蓄積で食欲が低下していきます。 末期大腸がんだった妻も例外ではなく、少しでも栄養をつけてほしい、何か口にしてほしいと私はあれこれ試行錯誤したものです。 今回は私が妻に食べさせて良かったものや心がけたことをお話します。
がんと向き合う

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

親戚や友人ががんになってしまったという話をきくと、がんにならないために何かをしたいと思いますが、何をすればよいかわからないですよね。 今回はがんにならない習慣を5つ、紹介します。まずはこの5つからはじめてみましょう。
がん患者を支える家族/友人へ

小児がんからの復学への不安、いじめについて考える。

小児がんの我が子が退院して復学するとき、「学校生活になじめるだろうか」「体力的についていけるだろうか」と心配する親御さんは多いと思います。 私が小児がんの娘が復学するときに感じた悩み、特にいじめへの不安について書いていきます。 お子さんが小児がんから復学するご家族の励みになればと思います。
がんと向き合う

がん患者を看取る場所の必要性と現実問題を考える。

末期がん患者をはじめとする、余命が限られた人が最後に過ごす施設に「ホスピス病棟」などの看取り施設があります。 4人に1人ががんになり、高齢化社会が進む中、これらの施設を取り巻く多くの問題が浮上してきました。 今回はそれら...
がん患者を支える家族/友人へ

親が癌になったあなたへ知ってほしい5つのこと

親が癌になってしまったとき、子供たちには何ができるのでしょうか。 親を癌で亡くされた方の多くが感じていることは「もっと~すればよかった」「まだ何かできたのではないか」という後悔です。 少しでも後悔のない日々にするために、...
小児がんと家族のケア

我が子が癌と診断されたときに親ができること-私の体験談-

愛する我が子が癌と診断されたとき、親に何ができるのでしょうか。 突然突きつけられた現実にうろたえ、狼狽することも少なくありません。 しかし、親には動揺する暇はほとんどなく、子供のために何が出来るかを考えなければいけません。
がんと向き合う

癌患者に効果抜群のインフルエンザの予防方法について

がん患者は闘病生活、投薬で健康な人に比べて体力、抵抗力を大きく消耗しています。 がん患者がインフルエンザに感染すると重症化しやすく、命を落してしまうことも珍しくありません。 そのため、予防が何より大切になります。 ...
がん患者を支える家族/友人へ

がん患者がお見舞いで喜ぶこと、体によいこと5選。

がん患者へのお見舞いに行くとき、どういう事に気をつければ良いのでしょうか。 折角のお見舞いですから、患者さんが喜ぶことをしたいですよね。 また、入院中の弱った体をいたわるためのお見舞いはどういった方法があるのでしょうか。...
がんと余命

末期がんで腹水が出たときの余命はどれくらいなのか。

末期がんの腹水はがんが腹膜に広がったときに生じやすいといわれ、余命を判断する基準のひとつになっています。 腹水はなぜ生じるのか、がんから腹水が生じたときの余命はどれくらいなのかを書いていきます。
がん患者を支える家族/友人へ

がんが再発した人の心のケアと家族ができること-体験談-

抗がん剤治療、放射線治療などのつらいがん闘病生活を経てがんを克服し日常生活に戻った矢先、突然の再発。 患者さんは、これから始まる治療生活、治らないかも知れない不安、再度の闘病生活に不安と絶望を抱きます。 そんなとき、周囲や家族はどんなケアができるのでしょうか。
スポンサーリンク