夢をみました

スポンサーリンク

我が子が癌と診断されたときに親ができること-私の体験談-

こんばんは。

世界はコロナウイルスの猛威に晒され、明日どうなるかわからない状況です。

こんなときだからこそ、気持ちをしっかりもっていきましょう。

日本人には大和魂があります。精神力・胆力は世界一です(きっと)。一致団結して乗り越えましょう。

夢をみました

がん患者がお見舞いで喜ぶこと、体によいこと5選。

夢をみました。

妻と娘が生きていて、普通に生活している夢。

二人ともあの日の姿、笑顔のまま。

「あなた」「パパ!」何年ぶりに呼ばれただろう。

娘を抱きしめた感触が夢から覚めた今も残っています。

やわらかくて…お日様のかおりがしました。

妻は庭で家庭菜園をしていました。

あの日。

あの日にもう一度戻りたい。

きっと。

もう少ししたらまた逢える。

死ぬのは怖くありません。私にとっては「再会」なのです。

でも二人がきいたら、きっと怒るよね。

パパは負けない。負けないよ。

コメント