癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

「がんの予防法をたくさん耳にするけど何が正しいかわからない」「日常生活を大きく変えずにがんのリスクを減らしたい」

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

親戚や友人ががんになってしまったという話をきくと、がんにならないために何かをしたいと思いますが、何をすればよいかわからないですよね。

今回はがんにならない習慣を5つ、紹介します。まずはこの5つからはじめてみましょう。

癌にならない習慣5点

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

  • 禁煙する
  • 飲酒はほどほどにする
  • 熱い食べ物は冷まして食べる
  • 減塩する
  • 適度に運動する

がんにならないための習慣というものはいくつか言われていますが、今回はその中でも、すぐに実行しやすいものを5つ挙げていきます。

ひとつずつ、できることからはじめていきましょう。

スポンサーリンク

禁煙する:肺がん

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

喫煙は肺がんのリスクを増大させます。

自分がたばこを吸うことに限らず、周囲の人が煙を吸ってしまう「受動喫煙」もリスクを高めます。

他人のたばこの煙を避けるようにし、外食時なども分煙をしている場所を選ぶなど注意するのが良いでしょう。

飲酒はほどほどにする:肝臓がん

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

飲酒は肝臓がんをはじめとするがんのリスクを高めます。

しかし、現代において、飲酒は仕事の飲み会やコミュニケーションを広める一環として幅広く周知されています。

適量を心がける、深酒は控える、お酒を飲まない休肝日を必ず作るようにしたほうが良いでしょう。

熱い食べ物は冷まして食べる:食道がん、胃がん

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

熱い飲み物や食べ物は食道や胃に強い刺激をあたえ、がんにするリスクを高めてしまいます(食道がん・胃がん)。

少し冷ましてから口にする、一気に熱い食べ物を流し込まないようにしましょう。

減塩する:胃がん

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

塩分濃度の高い食品を摂取すると胃がんのリスクを高めてしまいます。

加工食品やカップめんなどの即席食品のほか、魚の干物などの海産物加工品味噌食品も塩分濃度が高めです。

減塩を心がけ、1日あたりの食塩摂取量を男性は8.0g未満、女性は7.0g未満(厚生労働省)に抑えるようにしましょう。

適度に運動する

癌にならない習慣5点。癌なんて怖くない!【リスク軽減】

適度な運動はがんをはじめとするさまざまな病気の予防に効果的です。

運動といってもジムに通ったり、毎朝ジョギングをするといったことでなくても良いのです。

たとえば、一駅分歩いてみるとか、車で買い物に行くのを自転車にするといった、これまでの生活にちょっと一工夫加えるだけで十分に運動量を確保できます。

総括

がんのリスクを下げるには、生活習慣を改善し、できることから少しずつ改めていくことががんの予防につながります。

それでも100%がんを防ぐことは難しいのが現実です。

何故ならがんは生活習慣だけでなく、遺伝的なものや慢性的な刺激などの外的要因が絡んで発症することもあるからです。

がん保険に入っておくことでがん治療への経済的な不安を軽減することができます。

なにより、癌に対して備えているという安心感は非常に大きいです。

生活習慣の見直しと同時に、万一の際の備えについても見直してみてはいかがでしょうか。

保険のお悩みはプロに相談【保険コネクト】

コメント

  1. アレスト より:

    参考になりました。
    癌の特効薬が早く開発されると良いですが。