兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。

兄弟ががんや末期がんになったとき、自分には何ができるのでしょうか。

兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。

幼い時から一緒に過ごしてきた肉親の突然のがん宣告は、本人だけでなく家族にも大きな精神的ダメージを与えます。

どのように接していけばいいのか、家族にできることを書いていきます。

兄弟ががんになった時、家族にできること

兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。
がんの治療方法は、がんの種類、進行状況、患者さん本人の希望などで大きくかわります。

特にがんの進行状況や治療成績などで、今後の治療方法の選択肢が減っていきます。

家族にできることとして、可能な限りがんの情報を集め、治療について気になることをどんどん主治医に相談し、患者さんと家族が納得のいく治療を選べるようにすることが大切です。

がんの治療は受身でいることにメリットはありません、積極的な姿勢がとても大切です。

入院や放射線治療などになると費用のほうも心配になっていきますが、公的機関の制度を利用したり、専門のソーシャルワーカーに相談する事も可能です。

スポンサーリンク

兄弟ががんになった時、家族にできる接し方

兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。

  • 落ち着いて話をする心構えを忘れないこと。
  • 受け止めて共感する姿勢をもつ。
  • できるかぎり反論、否定をしない。

兄弟ががんになってしまったとき、どう接すれば良いのでしょうか。

がんを告知された直後は精神的に混乱し、苛立ちや焦り、不安、号泣などの様々な感情が入り乱れることが予想されます。

告知を受けたがん患者の心理と家族ができる看護
告知をうけたがん患者さんの動揺、不安、焦りは当事者しかわからないことです。 どんなに親身になっても、察しきれない心理は必ずあります。 告知を受けた多くのがん患者さんがたどる心理推移と、家族にできることを書いていきます。 ...

接し方のポイントをそれぞれ解説していきます。

参考にしてみてください。

落ち着いて話をする心構えを忘れないこと。

兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。

兄弟という身近な肉親ががんになると、他の兄弟も心理的に非常に動揺します。

その動揺した気持ちは兄弟である患者さん本人に伝わってしまい、心を乱してしまう可能性があります。

まずは周囲の兄弟、家族が落ち着いて患者さんと向き合う心構えを持つようにしましょう。

受け止めて共感する姿勢をもつ。

兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。
患者さんの話をきくときに、相槌を交え聞き手側に徹することで、「あなたの話を受け止めているよ、共感しているよ」という姿勢を伝えることが大切です。

相手は「話を聞いてほしい」という気持ちが強く、現状を解決させたいという気持ちとは別なのです。

極力自分の意見を挟まず、「うん…うん…そうだね」と話をきき、共感していくことが重要なのです。

できるかぎり反論、否定をしない。

兄弟ががんになった時、家族にできることと接し方。
相手の話をきいていると、自分の考えと違う点や違和感を感じて反論を言いたくなるときがあると思います。

できるだけ「それは間違っている」「こうするべきだ」というように、患者さんの考えに対し反論するのはやめましょう。

否定は「がんになった気持ちなんてわからない」「お前はがんじゃないから言えるんだ」というように自身の状況と比較してしまい、気持ちが悪い方向に向かってしまう結果になることがあります。

ずっと一緒に育ってきた兄弟との比較ならなおさらです。

「同じ兄弟なのに、どうして自分だけががんになってしまったんだ」と思うようになることもありえます。

まず患者さんの考えを認めることからはじめていきましょう。

そのためには、ご自身が兄弟ががんになったことを受け止め、受け入れることからはじめなければいけません。

そのほか、言ってはいけない言葉がありますので、覚えておいてください。
参考家族がガンになったら絶対してはいけないこと、言ってはいけない言葉。

おわりに

いつも一緒だった兄弟ががんになってしまうのは、他の兄弟にとっても非常にショックなことです。

それまで他人事のように知っていた「がん」が身近に感じてしまう瞬間です。

兄弟に何をしてあげられるのか、どんな接し方をすればよいのか、治療方法を探すことで協力できないか…。

これを読んで何か参考になれば嬉しく思います。

コメント