末期ガンのセカンドオピニオンの活用法と受け方。私の失敗談。

セカンドオピニオンとは一度診断された内容について、別の病院、医師に意見を求めることです。
末期ガンのセカンドオピニオンの活用法と受け方。
「今の先生との信頼が崩れそうだ」と思い、躊躇する人もいるかもしれません。

しかし、あなた自身の体のこと、人生だからこそ、納得した治療を受けてほしい。

今回は末期ガンのセカンドオピニオンの活用法と受け方について書いていきます。

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオン
セカンドオピニオンとは、患者がある病気の診断を下された際、診断結果や治療方針等について、主治医以外の医師から意見を聞くことを言います。

別名「第二の意見」とも呼ばれます。

主治医以外の意見をきくことで、他の治療法の模索や、患者がより納得して治療を受けることができます。

セカンドオピニオンは最初の医師が出した検査資料と紹介状が必要です。

ファーストオピニオンの検査資料(診断情報)があることで、必要な検査を再度する必要がなく、それだけ時間、お金が節約できます。

従って「最初の病院の先生は苦手だから他の病院で診察したい」「最初の先生に内緒で他の先生に意見をききたい」というのは、厳密にはセカンドオピニオンではありません。

スポンサーリンク

セカンドオピニオンの受け方

末期ガンのセカンドオピニオンの活用法と受け方。私の失敗談。
セカンドオピニオンを受けたい時は、現在の主治医にセカンドオピニオンを受けたい旨を伝え、紹介状や診断情報などの資料を出してもらう必要があります。

「今の先生にセカンドオピニオンを受けたいと言い出しにくい…」と考える人もいるでしょう。

しかし、納得して治療法を決定するのは患者さん本人とその家族です。

今の主治医に躊躇や遠慮は不要です。

セカンドオピニオンはあなた自身が納得できる治療法、見解、意見を出すために必要なことなのです。

ガンの治療は長引けば長引くほど体力の消耗が大きくなります。

納得いかないまま治療をして、後で後悔しても取り返しがつかなくなることも少なくありません。

セカンドオピニオンを受ける病院、医師の選び方

末期ガンのセカンドオピニオンの活用法と受け方。私の失敗談。
現在、多くの医療機関で「セカンドオピニオン外来」が設置され広まりつつあります。

どの病院でセカンドオピニオンを受け付けているか、どのような専門医がいるかを確認しておきましょう。

手術を勧められたが放射線治療を重視したい、内科治療でやれることがないか知りたいという場合は、放射線の専門医、内科専門医(血液専門医)がいる病院を探してみましょう。

どの医療機関でセカンドオピニオンを受けるか決めたら、早速セカンドオピニオンに必要な手続き(予約、受診方法、資料の準備等)を確認して用意しましょう。

セカンドオピニオンを受ける前に準備しておくこと

セカンドオピニオンがいざ始まると、初対面の先生ということもあり緊張してなかなか言いたいことやききたい事が伝えられなかったり、思いつかなかったりします。

事前に医師に聞きたいこと、質問したいことを書き出して整理しておくと、限られた診察時間を有効に使え、自身の気持ちの整理にもなります。

可能なら、近しい人や身内に同行してもらうことも、気持ちを落ち着けるのと、その場で思いつかなかった意見などが生まれ、より深い話し合いが期待できます。

質問や資料の準備が不十分だと「意見が全く違い、更に混乱した」「新しい情報は何も得られなかった」と折角のセカンドオピニオンが失敗になってしまうこともあります。

セカンドオピニオンが終わったら

末期ガンのセカンドオピニオンの活用法と受け方。私の失敗談。
セカンドオピニオンを受けたら、主治医(ファーストオピニオン)に経緯を報告し、これからの治療法について再度話し合いをしましょう。

セカンドオピニオンを受けたことで変わってきた気持ち、新しく分かったこと、納得できたこと、できなかったことなどがより明白になったはずです。

主治医もセカンドオピニオンの資料を元に、別の視野からの治療法を新たに提案してくることもあります。

がんの治療は「自身が納得して受けること」「納得できない治療は受けないこと」が大切です。

私のセカンドオピニオン失敗談

末期ガンのセカンドオピニオンの活用法と受け方。私の失敗談。
私の場合(娘と妻のがん)は「がんである」ことそのものの否定材料と、前向きな治療方法選択のためにセカンドオピニオンを行いました。

しかし、主治医に相談なく別の病院に行ってしまったこともあったので、セカンドオピニオンではなかったときもありました。

前準備をきちんとしていなかったために、相談したいことが相談できず、先生も専門用語を交えての説明で理解ができなかったところも多々ありました。

結果的に、何も得られなかった、更に混乱したという苦い経験があります。

さいごに

日本において、セカンドオピニオンはまだまだ浸透しきれていないシステムです。

海外では主治医のほうからセカンドオピニオンを提示してくるくらい、実はありふれたシステムです。

セカンドオピニオンを希望したからといって、主治医との関係が悪くなることはありません。

患者さんが自分の病気を知り、必要な治療が何なのかを確認、納得して治療を受けること。

セカンドオピニオンはこれらをサポートし、主治医との連携を更に密にすることができる大変重要な仕組みなのです。

自分自身で納得のいく治療を選択するためにも、セカンドオピニオンを積極的に利用していきましょう。

コメント