がん患者の転職先の探し方と就職活動で知っておく事。

がんと診断されると、治療計画や、体調の今の仕事から退職せざるを得ない人は多いです。
がん患者の転職先の探し方と就職活動で知っておく事。
自身の体調と入院、手術、放射線治療を両立できる就職活動をしなければいけません。

今回はがん患者の時の転職先の探し方と就職活動について書き残していきます。

がん患者の転職先の探し方で知っておく事。

がん患者の転職先の探し方と就職活動で知っておく事。

  • コネクションを有効活用する。
  • ネガティブにならない履歴書の書き方
  • 「がんになった」ことを前向きにアピールする姿勢。
スポンサーリンク

コネクションを有効活用する。

がん患者の転職先の探し方と就職活動で知っておく事。
がんであることを知人や友人に打ち明けて頼ることも就職活動として有効です。

身近に相談する相手がいることで、より親身になってもらい、患者さんの意向に近い就職先が見つかることが多いです。

どうしても打ち明けられないというときは、地域の相談センターなどを活用することも考えてみてください。

ネガティブにならない履歴書の書き方。

がん患者の転職先の探し方と就職活動で知っておく事。
転職できる、就職できるという事は、仕事できるだけの体力、健康状態であるということなので、「がん」であることを履歴書に書く必要はありません。

ただし、治療のために有給休暇を積極的に消化することや、午後の半休をとることがあるなど、仕事に影響がでるであろう事は素直に記載しましょう。

「持病により、月2回通院が必要ですが、職務に影響はありません」と、履歴書の書き方でネガティブにならないように工夫することが大切です。

参考がん患者が仕事を退職、転職する前に知って欲しいこと。

「がんになった」ことを前向きにアピールする姿勢。

がん患者の転職先の探し方と就職活動で知っておく事。
「がんになって周囲から助けられて生きていることを実感した」「がんになって家族のありがたさを再認識した」というように、がんになったことをプラスの経験としてアピールすることは非常に大切です。

採用担当者は「前向きな人だ」「大病に落ち込まずに就職活動を続けるバイタリティあふれる人材だ」と評価され、再就職に至ることも少なくありません。

がんを患うという大変な出来事を跳ねのけて長所としてアピールする姿勢が必要です。

おわりに

がんの治療をしながらの就職活動は非常に大変なことです。

周囲の無理解や、面接官の心無い発言に傷つくことも多くありません。

遠まわしながら、「がん」であることを理由に不採用になることも極稀ですがあります。

治療しながらできること、できないことをしっかり把握し、「がんだから」とネガティブに陥りがちな考えを前向きに意識してかえていきましょう。

大切なのは仕事に取り組む姿勢と、意欲、実際にやれることをしっかりやる心構えです。

コメント