彼女が癌かもしれない、癌になってしまったときにできること。

彼女ががんかもしれない、がんになってしまったとき。

彼女が癌かもしれない、癌になってしまったときにできること。

がんという言葉をきいたとき、「なぜ自分の恋人が」「何かの間違いじゃないのか」と動揺し、冷静でいることは難しいでしょう。

がんになった彼女を支える前に、自身が現実を受け入れられるかを考える必要があります。

自分の気持ちを整理しましょう

彼女が癌かもしれない、癌になってしまったときにできること。

まず、彼女ががんになってしまった事実を知って自分はどうしたいのかをじっくり考えましょう。

ずっと支えていきたいのか、重い・支えられないと思ってしまうのか。

周囲に冷たいと思われるとかは考えず、純粋に自分の正直な思い、気持ちを出してください。

十分に考えたうえで、支えたいのであれば、寄り添って支えてあげてください。

しかし、支えられない、別れたいと思ったら、きっぱり別れを伝えましょう。

彼女にとっても半端な気持ちでそばに居られてもかえってつらいだけです。

「がん」は人間関係やそれまでの恋人関係にも影響を与えるほどの病気です。

どんな選択であっても、当事者以外の人が責める権利はありません。

※別れ方にも配慮をお願いします。こちらもお読み下さい。
参考癌になった恋人と別れたい、支えられないと思ったときに考えること。

笑顔で彼女に寄り添って励ましてください

彼女ががんになって心配や不安でたまらないかもしれませんが、彼女さんの前では常に明るく、これまでと変わらず接してあげてください。

がんになったからといって、急に腫れ物に触るような接し方をすることは、彼女さんにかえってがんである認識を強めさせ、苦しめてしまいますので注意しましょう。

彼女の話の聞き手になって、手を握り、「大丈夫だよ」「そばにいるよ」と言葉と行動で伝えてあげましょう。

恋人に支えられているという思いは、どんな強力な抗がん剤よりも強力なのです。

スポンサーリンク

恋人の家族とも緊密に連絡をとりましょう

彼女が癌かもしれない、癌になってしまったときにできること。

がんになると、恋人同士だけの問題ではなくなります。

支えるのであれば、彼女の家族にその旨を伝えるといいでしょう。

娘を支えてくれる男性の存在に、ご家族は非常に喜ばれるでしょう。

しかし、気負い過ぎず、やり過ぎず、サポートできる範囲とできない範囲を客観的に判断して行うことが長い闘病生活を支えるのに大切です。

サポートといっても重大に考え過ぎる必要はありません。

車椅子の散歩に付き添う、着替えを洗濯すると、買い物を手伝う、恋人が好みそうな本やCDを持ってくるといったことで十分なのです。

本当に苦しい時、恋人として支えてくれる人がいる、それが患者さんにとって大きな力になります。

まとめ

愛する彼女ががんと知ったとき、彼女もあなたも受けるショックは計り知れません。

がんは今や不治の病ではありません。格段に治療成果は上がっています。

まずは、御自身の気持ちを整理しましょう。

がんになった恋人を支え続けることができるのか、正直なあなたの答えを出してください。

支えると決めた以上は、笑顔で前向きに彼女さんとご家族をサポートしてあげてください。

コメント